miyashita

常任指揮者:宮下 隆
新潟県妙高市に生まれる。武蔵野音楽大学器楽学科卒業。オーケストラ、アンサンブル、吹奏楽などで演奏活動するも、1993年5月左手首を粉砕骨折し腰から骨を移植する。その後は吹奏楽の指導を中心に各地を精力的に飛び回る。2007年、突然に意欲が湧き上がり、15年のブランクを経て演奏活動を再開。楽器を吹く楽しさを再認識する。2018年11月には歯と歯茎を負傷し、演奏家としての危機に立たされるも、ゴムを用いて楽器を支持する新たな奏法を独自に編み出し、現在なんとか演奏活動を継続している。1997年より東京音楽大学の野口芳久氏を招き「指揮勉強会」を主宰。多くの参加者に賛同を頂き、自身も大きな影響を受ける。2000年より当団を指導。クラリネットを故大橋幸夫、故松代晃明、故千葉国夫の各氏に師事。
木管アンサンブル「Minuman Angin Bando」、「MTj1070」メンバー。
第14回定期演奏会 コンチェルト・ノスタルジア ~クラリネットと吹奏楽のための~【抜粋】

 

THWO講師による渾身の動画をご紹介!
前歯がなくてもクラリネットが吹ける!?
モーツァルトもびっくりの秘密とは・・・


kuroki

トレーナー:黒木 良太
千葉県市川市出身東京芸術大学卒業。現在フリーランスのトロンボーン奏者として都内を中心に活動中。第24回市川市文化振興財団新人演奏家コンクール優秀賞受賞。第5回音大トロンボーン専攻生の為の津堅コンクールソロ部門第3位。2013年サイトウキネンフェスティバル松本「青少年の為のオペラ」に参加。
トロンボーンを故 秋山鴻市、石川浩、栗田雅勝、古賀慎治、川武典の各氏に師事。室内楽を、故 秋山鴻市、板倉駿夫、古田俊博の各氏に師事。
桐朋学園大学嘱託演奏員